自動車の内装を修理|インテリアリペア日本ネットワーク

インテリアリペアとは

自動車の内装にできたキズを直接補修する技術。リペア専用の高品質な特殊マテリアルを使用して、パッと見た目にはどこにキズがあったのか分らないほど美しく蘇らせます。

補修が出来る箇所は多岐にわたり、ハンドル、ソファーから、ダッシュボードなどほとんど手掛ける事が出来ない箇所はないと言って良いほどです。レザー製品、樹脂製品、モケット素材など、ありとあらゆる素材を取り扱う事が出来ます。

また、インテリアリペアは、リペア業界で世界唯一ISO9001を取得。この技術は1972年にアメリカで開発されました。創業以来40年以上の実績を誇り、現在は、世界50ヶ国以上で利用されています。本国アメリカでは、FAA(連邦航空局)の厳しい審査を全てパスして、コマーシャル航空機(民間旅客機)への使用を許諾されています。また、折り曲げ、伸縮、色落ち、色の定着性など10種類の耐久データも取得。世界基準の高品質なサービスを提供致します。

インテリアリペアの特徴

自動車の内装を修理するインテリアリペアの技術は、出張サービスが可能。施工店は日本全国にあり、店舗によって様々な特徴がありますので一概には言えませんが、例えばレザーシートのタバコの焦げ痕の補修ならば施工時間は数時間程度。スタッフがお客様のお宅にお伺いして、サッと補修する事が可能です。

キズを直接補修するため、時間も費用もそれほどかかりません。交換した場合と比べれば、施工にかかる費用は数分の1程度。費用を低く抑えながら、見た目を美しく蘇らせる事が出来ます。 また、自動車の内装を修理する技術を応用して、リビングソファーやバッグや靴といった、身近なものも補修致します。経年劣化によって色褪せてしまった思い入れのあるソファーなども、再塗装を施す事で綺麗に蘇りますので、いつまでも大切に利用していきたいソファー等がありましたら、お気軽にご相談下さい。